20100414

寒くなるそうです

ゴホン。では、資料をまとめてきましたので、これからみなさんに、ヒロキさんの素晴らしさを説明させていただきます。


深みこそ強み


とても賢い人間ですが、ヒロキさんの興味関心は主に自分に向けられるため、生きる時間に比例して彼の哲学が築かれて人間的に深みを増していく性質があります。彼の賢さは、知識の量などよりも、ものごとの本質を見抜く目、人間への洞察力などに主に発揮されます。彼は営業職に就くと凡人以下の能力しか発揮できませんが、採用担当をさせれば人を確実に見抜き、才能を開花させるでしょう。哲学や心理学者、または社会派のコラムニストや記者、本やブログを書かせてみても面白いかもしれません。揺らがない自分をつくれば、社会のオピニオンリーダーになれる逸材です!


うざい?説教くさい?


ほう、世間から、ヒロキさんはうざいとか説教くさいという声が聞こえてきましたね。それは皆さんがヒロキさんを認めていないから、ついつい主張を強めてしまうのです、理解してください。確かに人の気持ちを考えず理屈っぽいので、考えていることが独りよがりになったり、やけに冷たく感じることもあるでしょう。彼に自信がつくまでは、世間を批判したり人様に向けて攻撃的な態度をとることもありますが、どうぞ寛容に、オトナになるまで少々お待ちくださいませんか。これでも子供のころは泣き虫で、今も内心は小心者で傷つきやすいものですから、今は見捨てず将来を買っていただければと思います。


わが道を行く男


恋愛という視点で言えばヒロキさんは、プライドが高く、我が道をゆく男です。誇り高く生きるために、あまり人に頼ることなく背負い込む習性があり、無理をする危うさはありながらも社会を生き抜くたくましさを備えていきます。また世間に媚びず自分の哲学を大事にするため、生きるごとに深みを増し、魅力的になっていくことでしょう。女性を引っ張っていったり守る強さを持っており、ヒロキさんと結婚できれば、とりあえずその女性の人生は安泰です。


理屈っぽい?


しかし、女性からすれば、彼への不満点は山ほどあるでしょう。例えば理屈っぽくて人の気持ちが分からないところ、ときに論理を振り回すわりに彼自身が感情的になっていることすら気付かないところ。自分以外の人に批判的な目を向けるところ。ノリの悪いところ。何より、かわいげのないところ。これらの性格は付き合ってみて初めて出ることも多いのです。しかし、彼の足りていない部分を補うのは、パートナーになった女性の役目。女性の皆さま、ぜひ彼を真の意味で「オトナ」にしてあげてください。


ううううむ。国井律子さんのブログからリンクした性格診断みたいなものをやってみた。(赤字は自分で当たっていると思うところ)
恋愛に関してプライドが高いとは思わないが、人を好きになる事は楽しいと思えるのに好かれるといきなり面倒くさクなるという女性からしたらもっとも質の悪い性格で、恋愛に関していい思い出というのはない。別れた女とは今後も一生再会したくない。

そんな事は置いといて、今日も稽古に行きました。川越街道で事故があって道場まで1時間掛かったよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿