20100528

チチブーツー

ツイッターで生報告しておりましたが,今日は仕事が休みになったので,秩父ツーへ行きました。天気もいい。

朝、8時半出発。田無で給油して所沢街道を西へ。久米川町、金山町、大六天と、面倒くさい所沢市街を抜け、R299バイパスへ乗る頃には流れもよくなり快調、快調。飯能市へ入った辺りのコンビニで最初の呟き。休憩の時、バイクのキーを抜き忘れる事がよくある。気をつけろ!

高麗川、武蔵横手辺りを過ぎればすっかり山道。前に鈴菌スク2台。手放しで走ったり質悪い。あ〜。芦ケ久保を過ぎて秩父が近くなるとクルマが増えてくる。月末の金曜日だからね。

R140を一旦右折して道の駅ちちぶへ。お袋に「杓子菜」という秩父産の菜っ葉の漬け物を土産に頼まれていたのです。実際、ごま油で炒めると美味い。ご飯のあてにいい。最近野菜が値上がりして話題になっている道の駅の産直モノ。本当に安いね。立派なトマトが5個袋に入って280円とかあり得ん。ここで二度目の呟き。

道の駅を後にR140を山梨方面へ。秩父市街を暫く行ってK209へ。巴川を渡って秩父ミューズパークを通り過ぎ,小鹿野市街。バイク乗り定番のわらじカツ丼を一度試してみようと。しかし、本家安田屋さんはなんでも裏通りの分かりにく場所にあって佇まいも地味らしい。ううううむ。でもなあ、ここまで来たら,、、。天気もいいし,一人でフットワークもいいし,小鹿野なんて小さな街で迷っても知れてる。そんな訳で田舎の街道町を行ったり来たり、裏通りにバイクを停めて案内板とにらめっこ。

そんな事して巡り合ったわらじカツ丼安田屋。さんざんメディアで紹介されているので語るまでもないでしょう。しかし、美味かったよ。やっぱり。おばあちゃんは人が良さそうで,おじいちゃんはとっつきにくい。これも噂通りでした。食べ終わって三度目の呟き。

来た道を戻ってやって来たバイクの森小鹿野。開館1周年だそうです。もともとクアパレスという温泉施設としてオープンして、それがイマイチでバイク博物館になったそうですが,今年から博物館に入場すれば温泉の入浴券も貰える様になりました。いいね。ここでまた呟き。

温泉は、まあ取り立てていう程のものでもなかったけど受付のおばちゃんが喋り好きで面白かった。1Fのれすとらんに入ってお茶してみた。店の造りが変わってるな、と思ってよくよく見たら大浴場を改装してあるらしく、大きな湯船のふち周りをカウンターに造りかえてあった。ここでも呟き。

さ、帰り道。同じルートでもつまらないので正丸トンネルを抜けた信号を左折して正丸峠へ。
旧街道だから今はほとんどクルマはありません。道も狭くて荒れてるけど無理さえしなけりゃ楽しいワインディングです。バイクをグイと寝かせてスロットルを開けてググググと曲がるあの感触。ケツに伝わるタイヤがムニ、ムニ、と頑張ってるあの感触。正丸峠で写メ。呟こうとしたら圏外だった。

正丸峠を降りてK53を青梅方面へ。この道もいいんだよね。今日は途中でノロいクルマにつっかえたけど自宅からなら早朝楽しむ事だって出来る。お勧めです。

その後もほとんど渋滞無く東青梅から1時間10分ぐらいで帰って来られた。全行程175キロ。このぐらいが日帰り下道一人ツーのベストかな、とも思える一日でした。
帰宅なう。正丸峠で写メ撮っ...
帰宅なう。正丸峠で写メ撮っ... posted by (C)hirokiskt

0 件のコメント:

コメントを投稿