20100710

走る事、行く事、そこにある事

午前中、いい天気なんだけど、ツー計画は立ててない。どうかな〜?
近場でバイクで行った事のない気持ちのいい場所を探してみる。ああ、多摩湖なんかいいね。
いいね、いいね。で、出発。新青梅ではなく,新座周りで水道道路から所沢街道へ。所沢市内はモタモタするのね。やっぱり。西武園遊園地の駐車場へ入ってみて,受付小屋のお兄ちゃんに聞くと、バイクはもうちょっと先の駐輪場へ行ってくれと。そうですか、そうですか。村山貯水池沿いの道は緩く登り下りしながら気持ちよくカーブして行く。ロードサイクル多し。二つ先の信号の駐車場のオッチャンにもう一度尋ねると、少し先のガードレールの切れ目から駐輪場へ入ればダーターだと。、、、、行ったよ。見つけたよ。けどさぁ、人が一人通れるかぐらいの切れ目でしかも段差にスロープなし。ステアリング切りながらナナハンで上るのは辛いぜぇ。3回ぐらいローでエンスト繰り返し、切り返しながら上った歩道を少し引き返すも、駐輪場は原チャでマンパイ。あちゃぁ。西武系の施設ってさぁ、言っちゃあワリィけど痒いところに手が届かないんだよなあ。折角来たけど諦めた。

府中街道以西、多摩湖界隈は、道が狭くて解りにくい。もう昼近かったので太陽が後ろなら南だろうと適当に走って、東村山市役所前で渋滞にはまりつつもなんとか新青梅街道を右折。昭和記念公園なんていいかもね、と頭を切り替えた。
でもね、だめね。すっかり渋滞。結局50キロぐらい走っただけで小平辺りを抜けて帰って来ちゃった。

ところで、明日、7月11日は我がトニック号の納車記念日です。早いものであの立ちゴケから1年が経ちました。走行距離は4900キロ。保険が5000キロ制限なので満足に使い切った感じですね。
カスタムしたのはハンドルとバイザーぐらいで他はチマチマしたドレスアップです。

最近は走る事そのものが楽しく思えて来ました。一人で正丸峠や奥多摩を廻ったりするのは、カーブでの操作感を味わう為です。以前よりイメージ通りのラインを走れる様になってる気がします。ライテク本を買って勉強していたりもします。

勿論ツーリングで温泉や名物の美味いものや珍しい土産や美しい風景に出会うのも楽しいです。行き帰りの多少の渋滞も何でもないと思える瞬間があります。

そして、最近、もう一つバイクの楽しみに目覚めました。それはバイクそのものはただガレージに停まっているだけの時の過ごし方です。
人によってはカスタムする事や、完璧なメンテナンス、セッティング、チューニング等,クラフト的に楽しむ人もいるでしょう。それもありです。
私はそうした場面とはもうちょっと違う、バイクが発する空気感みたいなものを大事に楽しく味わう事を趣味として楽しめるんじゃないかなぁ。と感じ始めました。
自宅のバイク置き場のスペースを整頓して使いやすく手を入れる作業をこのところ続けている中で気が付いた事でもあります。

考えてみれば気持ちいいワインディングまで出掛けるだけでもやっぱり半日、楽しいツーリングは丸一日。それだけ充分な自由時間とそこそこいい天気、っつう条件が重ならないといけない。そんな事が出来るのは仕事してる大人の趣味なら月イチがいいとこだろう。ましてバイクシーズンは大体半年ぐらい。
だとすると、一年にたった6日ぐらいの遊びの為に高いローンと税金と保険と車検の経費を払っていることになる。
だからと言う訳ではないけれど,日常生活とバイクとの接点、というか生活にバイクをどう取り込むかの過程を自分なりに楽しめればこれはこれでいい趣味になるんじゃないかなぁ、、そんな事を考えています。

今日、走っている時から左だけ耳鳴りがしています。気味悪いので稽古はお休みです。

2 件のコメント:

  1. ええねぇ。

    ワシのバイクなんて、15年で2万キロいってへんでぇ。
    ここんところ、車検ごと1000キロペースですわ。

    下駄代わりやとそんなもんかも。

    返信削除
  2. 毎度です。距離より15年っちゅうのがすごいですなぁ。
    4発乗ってると単発の良さを改めて感じます。
    グースいいバイクやぁ。

    返信削除