20111110

今年も押し迫る感じ

ニュースで流行語の話題が出ると、そろそろ年が押し迫った感じがしますね。 今年は地震も大きな出来事でしたが、私にとっては6月から始まった道場で少年部を受け持つ事になったのがやっぱり一番大きな出来事ですね。 毎週毎週稽古の後にミーティングを重ねて内容を検討し、その後の方向を確認する作業を繰り返し、どうにかこうにかやって来ました。武道を学ぶ事は技を身につけるだけでなく、後進に伝えることも同時に意味を持ちます。今年少年部を受け持った事は私の今後の稽古にとっても大きな意味があると考えています。

 ○ブログの事
 最近イラストブログを始めました。合気道の同輩の女性が現在も高校時代の美術部仲間と絵を描く活動を続けているという話しを聞いて、刺激を受けました。武道を始める前は割と多趣味なタイプだったんですが、武道を始めて、特に空手で指を折ってからは他の趣味に手を伸ばす事が無くなりました。 それでも押し入れをひっくり返してみたら古いクロッキー帳なんかが結構出て来て、、、よしもう一度、、となりました。 一応毎日更新していますが、そろそろ以前のネタが尽きているので、今後は写真を混ぜたりして行きます。 同時にこちらのブログでも物書き活動をやっていこうと考えています。よろしくお願いします。

 ○パソコンの事
私のパソコン、相変わらずこんなです。
モニターの半分が表示されていません。ありゃあ。
大体パソコンとかケータイとか、デジタルな道具ってハードの寿命が短すぎると思いませんか?私は日常的にパソコンを使う様になって17年ですが、このパソコンが4台目。これを買い替えるとなると5台です。全てマックですが、いずれもハード面の不調が買い替えの動機です。月々の小遣いで買える様なモノならいいですが、パソコンとなるとそうはいきません。20年前に5000円で買ったボールペンはまだ使えるのに、、、、。ケータイだって2年もすると外装が変形したり塗装がボロくなったりする。日本人が日本のためにモノを作っていたらこんなモノは作られないだろうと思うんだけど。

○仕事の事
最近ニュースを見る度に、なんだかこの国は少しずつ貧乏になって来てるんじゃないかと思ったりして気が重いです。
今時どこに居てもコンビニに行けば食べ物はいくらでも手に入ります。誰もこの国が貧しいなどと思いません。ただ、年収が1000万を超える人と仕事にあぶれて生活保護を受ける人の距離は想像以上に近い。
私の仕事では取引先の会社も今年大きな合併を経過して、納品先が埼玉の鳩ケ谷の倉庫から千鳥町の大規模倉庫に変わりました。そういうのはコストカットか効率化かの目的で会社は導入するんでしょうけど、実際は現場のスピード感も無くなるし企画と現場の意思疎通も遠回りになるので面倒が増えるばかりです。
いずれ数字を追うタイプの経営は限界が来ると私は感じますが、一体誰のためなんだろう?

そんな事を思いつつ今日は入荷が空いたので休み。午前中会社に行って昨日までの片付けなんかをちょっとやって来ました。
帰宅して庭の掃除と軽くバイクメンテをやった後、椿の木の枝打ちをやりました。
これが枝打ち前
モジャモジャ〜。これでも私がこの家に来た頃は誰も手入れしないまま高く伸びすぎて大変だった。3年位かけて少しずつ枝を落としてなんとか脚立を立てれば手入れ出来るサイズにしたんだよ。
その経過の写真がこれ
これが以前の状態。高く伸びすぎて電話線を押し上げる程。ヤバい。

ホームセンターでチェーンソーを買って来てやっつけた。かなり危険でもあった。

そしてスッキリ〜。椿の枝は放ったらかすとどんどん上に伸びて太くなり、手に負えなくなる。でもこの大きさなら年に1〜2回枝を落としておけばなんとか対応出来ます。

そんな訳で今日の一枚番外編。
三日位前の夕方にスーパーに買い物に行った時の西の空。ケータイのカメラでこんな写真が撮れるならデジカメ要らん。






hirokiskt on cb750rc42

0 件のコメント:

コメントを投稿