20111128

ルールの設定

何かアソビを始めるとき、大切なのはルールの設定です。
全てやりたい様にやればいいというよりも、一定の条件を設けてそれをいかに乗り越えるか?を楽しむ方が、クリエイティブな気がします。

恋人同士の行き違いだって、相手の言葉や行動に原因を求めるよりも、お互いがルールの前提理解を大切にすれば避けられるはずの誤解もきっと沢山あるでしょうに。

そんな事はさておき、最近私の周りにも自転車乗りが増えて来ました。目的は通勤の足の人、ダイエット、もともとそれを趣味にしていたっていう人もいます。それでも現実自分の周りにチャリンカーが増えているのはやっぱり世の中全般の健康、エコ(ロジー、ノミー)指向の現れでしょうね。

何かと影響を受けやすい私。チャリンコについてもここは一つ遊んでみるべと思い立ちました。
私のチャリはこれ。

全体を写した写真はなかった。
ご覧の通り、フレームの所で半分に折り畳めるフォールディングバイクとタイプで、近所の量販店オリジナルのやっすい奴。16000円ぐらいだったかな。ホイルサイズは16インチで、リヤにサスペンションがついています。ペイントしたりステッカーを貼ったりしましたが、コイツを弄ろうと。
買った時から身長183センチの私がちっこい自転車に乗るバカバカしさを欲しくて選んだので、買い替える気はありません。

具体的に問題はハンドルが近すぎて膝に干渉する事。そのため低速で小さく曲がろうとすると旋回の中心が手前過ぎて急に切れ込んだりする。懐が狭すぎるために踏ん張りが効かず、急な登り坂でチカラが出ない。
それとサドル。普通のママチャリ風のが付いてるんだけど、尻を乗せる部分の張り出しが強すぎて、しばらく乗っていると太ももと尻の境目あたりが擦れて痛くなってくる。

今日、午前中で仕事が終わって向かった先は新しく出来た自転車量販店、あさひ。
そこで買ってみたのは一つがこれ。

ジャーン。
スポーツ車的なサドル。お店の人には、「取り付けられるかどうか、、、」と言われたけど無理言ってその場で交換してもらいました。目一杯後ろに下げて。

そしてもう一つ。

ジャーン。
なんて言うパーツだっけ?エンドバー?なんとかグリップ?ブルホーン?一昔前にマウンテンバイクなんかに付けてる人多かった。

グリップシフターとブレーキレバーの位置を調節して、、と。

乗ってみるといい感じです。懐にゆとりが出来たので裏道も安定しています。
アソビのルールはコイツの潜在能力を引き出す事。です。

hirokiskt on cb750rc42

0 件のコメント:

コメントを投稿